徳島県内4大学のトップを切って徳島文理大の入学式が2日、徳島市の徳島キャンパスであり、新入生840人が大学生活の第一歩を踏み出した。

 田村禎通学長が「5月からの新元号『令和』元年の記念すべき入学生です」と祝福し「世界が直面する課題の解決にいかに貢献できるかという観点で将来のビジョンを立ててほしい」と激励した。

 新入生を代表し、短期大学部の儀保ちさとさん(18)が「われわれを取り巻く課題に向き合い、社会で期待され活躍できる能力を培います」と宣誓した。

 3日に四国大と鳴門教育大、5日に徳島大で入学式が行われる。