[磯]<福村>1日、西寄りの風が次第に強く吹きだした。水温12・8度。淡島回りで好調の二番には渡礁できなかった。また一番も8時半に磯替わりを余儀なくされた。ビシャ東で40、45センチのチヌ2匹。谷で39センチを1匹。丸島回りの二階で、阿波一風の吉岡美喜夫さんが潮の流れが変わるたびに西、東と釣り座を変えながらウキ下を深くして40センチオーバー4匹を含め、36・5~43センチを5匹。魚体は腹が膨らみ、産卵を控え食いも上向いている。

 <大島>1日、潮は場所によって異なり上りと下り。水温14・3~17・5度。グレは、港回りのスベリで33、35・5センチを2匹と40センチのイラ1匹。ピストルで30~34センチを4匹と33センチのイサギ2匹。ソエバのタニで28~32センチを5匹と30センチ前後のイサギ4匹、33センチのアイゴ1匹。沖ソエで42センチを1匹と30センチのイサギ2匹。ホリモンで山口魚影会の人が42センチの尾長グレ1匹と23~35センチのイサギ4匹、20センチ前後のアジ7匹。ヒッツキで32~36センチを10匹。別の人も32センチを2匹。屋形で32~47センチを7匹と30~35センチのイサギ4匹。別の2人も30~35センチを3匹と30センチのイサギ3匹。ヒッツキ周辺では湧きグレの姿がたくさん見られたが風が強く、仕掛けが届きにくかった。

 <恵比須浦>31日、水温13・2度。大辰巳周辺のハエで46、49センチのチヌ2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>1日、ヤカタでサヨリを狙った人が25~30センチを約100匹と20センチ前後のマイワシ数匹。

 <高知・甲浦>1日、水温15・9~16・2度。1号でアオリイカを狙った人が0・9キロを1匹。別のサオで36センチのアイゴ1匹。

 <高知・吉良川沖>1日、2号で33センチ前後のグレ5匹と33、35センチのイサギ2匹。3号で33センチ前後のグレ8匹と35センチのシマアジ、同型のメンドリを各1匹。

 [波止]<高知・宇佐沖ノ一文字>1日、早朝は冷え込み真冬の寒さだった。北西の風が10時ごろから強くなったため釣りづらく、ほとんどの人が午前中にサオを納め引き上げた。餌木を投げ歩いた人が1・37キロのアオリイカ1匹。フカセ釣りは風が強く、釣りにならなかった。中突堤では赤アミを餌にサビキ仕掛けで表層から中層を探り、13センチ前後の小サバがハリの数だけ鈴なり状態で釣れたようだが、数は未確認。(県釣連盟報道部)