ノーシードから勝ち上がった徳島北は5試合でチーム防御率1・22と、少ない失点で自軍のペースをつかむ戦いぶりが光った。渡邉、河野の2本柱の粘投も初優勝の原動力となった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。