徳島県の市町村で、新元号「令和」の初日となる5月1日の祝日に、婚姻届や出生届の受け付け態勢を強化する動きが出ている。改元に加えて大安も重なり、届け出が集中する可能性が高いためだ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。