後半戦に突入した徳島県知事選挙。共産党新人で元小松島市議の天羽篤(68)、無所属現職で5選を目指す飯泉嘉門(58)、無所属で新人の元県議岸本泰治(61)の3候補は、どんな訴えを展開しているのか。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。