数多くの報道現場に立ち会った。五感をそばだて、取材対象に一歩でも近づく。においや熱気、人の本音。現場でないと分からない。令和へと移る時代の変わり目に、平成の報道現場が問い掛けたものを、見つめ直したい。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。