7回を無失点に抑えた徳島の安丸=アグリあなんスタジアム(家段良匡撮影)

 四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックス(IS)は1日、JAアグリあなんスタジアムで香川と対戦し、先発安丸の好投で5―0と完封勝ちした。徳島の開幕2連勝は2年ぶり。徳島は6日午後6時から、高知球場で初の開幕3連勝を懸けて高知と対戦する。

 先発した徳嶋のルーキー安丸がチームを開幕2連勝に導いた。先頭打者を見逃しの三振に打ち取ると、七回まで昨季総合優勝の香川打線を散発4安打、7奪三振で封じ込め、三塁を踏ませなかった。

 鳴門教育大出の左腕は「開幕戦勝利のいい流れを止めたくなかった」と堂々の投球。右打者には思い切った内角攻め、左打者には外へ逃げるクロスボールを有効に使い、アウトを重ねた。四回には「質が良かった」と振り返る直球で2者連続の見逃し三振。牧野監督も「大きな自信になったと思う」と目を細めた。

 気合のマウンドに攻撃陣もバットで応えた。2打点で援護した平間は同じ徳島出身。この日は一緒に球場入りし「2人でヒーローになろうと話していた」と明かす。

 県人選手の投打にわたる活躍で開幕ダッシュに成功した徳島。6日からの敵地での高知2連戦でさらに加速をつける。

 徳島・牧野監督 連勝できたのは大きい。若い選手が多いチームなので勝利が一番。勢いはついたと思うので、締めるところは締めていい形で高知に乗り込みたい