[磯]<福村>2日、北西の風で波はほとんどなかった。水温12・7度。一番の胴で33~47センチのチヌ8匹と32~38センチのウマヅラハゲ17匹で持参したクーラーに入りきらなかった。丸島回りの鬼門で36・5、43・5センチのチヌ2匹。

 <由岐>2日、風波ともにほとんどなく、下り潮。水温は13・8度から14・1度に上がった。ノッコミチヌが食いだした。テグスで鳴門市の浜川さんが45センチ前後を2匹。同行の人もアタリがあったが取り込めなかった。

 <大島>2日、波風ともに穏やか。オハナから屋形までは速い上り潮、桃ノ木から佐本回りは下り潮で、水温15・6~17・6度と差があった。渡船6隻が出て釣り人約30人。グレは、ノコギリで30~35センチを5匹。谷で30~36センチを3匹と30センチ前後のアイゴ3匹。地ソエで30~34センチを3匹。ヒッツキで35センチ前後を3匹。屋形では2人が33~38センチを3匹と22~27センチのイサギ3匹。オシドリで33、37センチを2匹と44センチのイシダイ1匹。オハナで29~35センチを6匹。4番の馬ノ背でナガレコを餌に底物仕掛けで60センチのイシダイ1匹。

 <津島>2日、波風ともに穏やか。速い上り潮で水温15・7~17度。水温が上がり、グレの食いが好調。ワレのスベリで28~42センチを25匹。別の人は32~40センチを14匹。大バエオチで2人が型は未確認だが2匹。

 <宍喰>1日、波風はなかったが昼前から雨が降りだした。水温15・5~16度。グレは前磯側の沖杓子で2人が25~30センチを20匹。竹ケ島の大バエで同型を20匹。

 [波止]<鳴門観光港>1日、サビキ仕掛けにウキを付けてチョイ投げで15~18センチのイワシと同型のアジを合わせて30匹余り。回遊のある時間帯が日によって違うようだ。(県釣連盟報道部)