昭和天皇の病と死が社会に影を落としていた頃、首都圏では幼い女児の失跡が4件、相次いで発生した。1989年8月10日、26歳の「宮崎勤」がうち1件を自供した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。