徳島県警組織犯罪対策課と徳島中央署は3日、傷害と暴行の疑いで阿南市長生町西方、無職(25)、徳島市八万町千鳥、自営業(21)両容疑者ら男5人を逮捕した。両容疑者は阿波銀行元行員から金を脅し取ったとして恐喝罪などで起訴されている。

 逮捕されたのは他に▽徳島市八万町内浜、無職(33)▽同市八万町内浜、無職(30)▽同市末広1、風俗店経営(33)ーの3容疑者。

 逮捕容疑は2月23日午前2時半ごろから3時40分ごろにかけ、徳島市のキャバクラで30代の男性経営者、30代の男性共同経営者、20代の男性従業員の頭を酒瓶で殴ったり体を蹴ったりし、経営者に急性硬膜下血腫などで2週間、共同経営者に右薬指骨折などで3週間のけがを負わせたとしている。県警は認否を明らかにしていない。

 署によると、容疑者と被害者は一部が知人同士。店に客はいなかった。午前5時ごろ、「頭から血を流した男性が歩いている」と110番があった。