第91回選抜高校野球大会が幕を閉じた。徳島県から出場していた富岡西高校(徳島県阿南市)が敗れた時点で、大会への関心は薄らいでいたため、最終日に思い掛けないニュースが飛び込んで驚いた。

 富岡西高校の応援団が最優秀賞に輝いた。それだけではない。そのニュースを1面で大々的に伝える徳島新聞の4日付朝刊に、アルプススタンドでの知られざる物語が載っていた。思わず新聞を持つ手が止まった。

 「読者の手紙」という読者の投稿欄に、「富岡西応援 夫の遺影と共に」というタイトルがあった。差出人は千葉県の60歳の女性。要約すると、内容はこうだ。
 
 女性の夫は富岡西高校野球部のOBであり、悲願の初出場を泣かんばかりに喜んでいた。地元から送られてくる徳島新聞の記事を繰り返し読み「必ず応援に行って、みんなで校歌を歌いながら号泣するんだ」とうれしそうに笑っていた。
 
 そんな中、帰らぬ人となってしまった。3月7日だった。富岡西高校の初戦だった3月26日を目前にしての突然の悲報。女性はこうつづる。「入院して3週間、あまりに突然だった。ぼうぜんとする日々の心の支えは『彼の代わりに富西を応援する』ただその思いだけだった」
 
 女性は、スクールカラーのえんじで埋まるアルプススタンドで遺影を抱きしめ、夫の代わりに夫の後輩たちの活躍を見守った。試合には敗れたものの、試合途中には両校の校歌が流れる。そのことを指しているのだろうか。「卒業生でない私には校歌は歌えなかったけれど、彼は天国で高らかに歌っていたに違いない」とし、続ける。「顔をくしゃくしゃにして後輩たちにはっぱをかけ、ファインプレーには大きな拍手をし、惜しいプレーには愛のむちのブーイングを飛ばしていただろう。あれほど応援に行きたがっていた選抜。きっと満足してくれたに違いない」。最後は富岡西高校野球部への感謝を伝え、今後の活躍を祈っていた。
 
 応援団の最優秀賞の受賞理由にはこうある。「スクールカラーのえんじ色のウエアと帽子で統一された応援団がアルプススタンドをぎっしりと埋め、阿波踊りを取り入れたご当地色のあるユニークな応援や、一打一打への大声援など活気と勢いに満ちていた」。スムーズな入場や整然とした待機時の様子などマナーの良さも評価された。

 まさに、アルプススタンドを埋めた一人一人に贈られた賞と言っていいだろう。地元・阿南市からバス44台で3000人が駆け付けたのをはじめ、関西や関東、日本各地から同窓生や関係者が甲子園球場に集った。訪れた一人一人に、それぞれの人生があり、思いがあったに違いない。無数の物語がアルプススタンドにあふれていた。

 応援団の優秀賞には、甲子園常連校が多く名を連ねた。創部120年目にして初の甲子園出場となった富岡西高校は、応援もまた初めてだった。迫力や美しさという面では当然常連校にはかなわない。一人一人の心のこもった応援が最優秀賞に結びついたのだろう。

 受賞を受けた富岡西高校生のコメントもいい。閉会式で表彰を受けた応援団代表の梶本さんは「甲子園へ連れてきてくれた野球部のみんなにありがとうと言いたい。夏も連れてきてほしい」と話せば、野球部の坂本主将は「アルプスの応援が大きな力になった。夏は勝って恩返ししたい」。

 夏の戦いはすでに始まっている。富岡西が春夏連続出場を果たすのか。他校が阻止するのか。夏のアルプススタンドは何色に染まっているのだろう。(卓)