徳島県選管は4日、県知事選の不在者投票が行われた牟岐町の介護老人保健施設「和楽」で投票用紙1枚を紛失したと発表した。

 県選管によると、牟岐町選管が1日、施設入居者24人分の不在者投票用紙や封筒を施設に交付。2日に施設内で不在者投票が行われた後、施設職員が閉じられた封筒19人分と未使用の投票用紙を町選管に持参。選管職員が確認したところ、未使用の投票用紙が1枚足りなかった。

 町選管によると、なくしたか、1人に2枚渡した可能性がある。封筒に2枚入っていた場合、2枚とも有効投票になる。

 県選管の佐川英之書記長は「投票用紙の管理が適正に行われなかったことは遺憾。徹底するよう指導したい」とコメントした。

 県選管によると、過去10年間に県内で投票用紙の紛失は起きていない。