金岡さんの指揮で合唱する参加者=三好市の坪尻駅前

 JR四国が観光列車「四国まんなか千年ものがたり」の運行2周年を記念して公募した企画が7日行われた。東日本大震災への義援金を贈った徳島県三好市民ら46人が列車に乗り込み、同市の坪尻駅で歌声を響かせた。

 合唱曲は、岩手県の吹奏楽団が義援金の一部で作った「これがわたしのすべきこと」。参加者は香川県の多度津駅を出発した後、車内で指導を受けて歌を練習。坪尻駅の駅前広場に整列し、ハーモニーを聞かせた。

 JRが大歩危(三好市)―多度津間を走る観光列車でかなえたい企画を募って選考。川崎市の音楽家金岡秀典さん(57)の案が採用された。金岡さんは岩手県の吹奏楽団で客演指揮者を務め、2012年に坪尻駅のクリスマスコンサートに出演。その際に三好市民から託された義援金への恩返しを思い立った。