現職1人が引退し、残る現職7人と新人3人、元職2人の計12人が立候補する予定で、定数8を4上回る激戦が予想される。大半の陣営が地縁、血縁に頼った前哨戦を展開している。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。