写真を拡大 県の漁業調査船にザトウクジラの死骸をつなぐ地元漁師ら‖美波町恵比須浜

 徳島県は9日、牟岐町沖で見つかり、美波町恵比須浜の岸壁に係留されていたザトウクジラ(体長約8メートル)の死骸を沖合に搬出した。船舶の航行が少ない30キロ沖まで移動し、監視する。死骸の腐敗が進み、発生したガスで破裂する恐れがあるため、陸揚げするのは困難と判断した。

 県職員や地元漁師らが、午後8時ごろから死骸を漁網で包んで県の調査船につなぎ、約1時間後に岸壁を離れた。

 死骸は6日に牟岐漁港から約5キロ沖で発見され、徳島海上保安部美波分室が回収した。