11月の大嘗祭に調進する麻織物「麁服」の素材になる麻の種をまく「播種式」が9日、美馬市木屋平の畑で行われ、関係者ら約100人が参列した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。