徳島県立農林水産総合技術支援センターが、養豚などの試験研究で使う液体窒素の業者からの購入価格を、落札から1カ月後に入札価格の100倍に引き上げていたことが、県の包括外部監査で分かった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。