2004年1月19日、自衛隊が戦闘状態の続くイラクに足を踏み入れた。その瞬間は、政府や自衛隊からの情報ではなく、オランダ軍の一将校によってもたらされた。 午後6時50分。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。