ソフトボールの2019年男子日本リーグは12日、徳島県のジェイテクトなど17チームが参加し、広島県尾道市の御調球場で開幕する。今季から東西両リーグが一本化され、各チームが総当たりで16試合を戦う。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。