今夏の徳島市の阿波踊り運営の実務を担うイベント企画大手キョードー東京(東京)など3社共同事業体の総責任者となる前田三郎同社取締役は10日、阿波おどり実行委員会の会合後、報道陣の取材に応じた。今夏の踊りの合言葉に「笑顔と融和」を掲げ、前田氏自ら関係者に協力を要請する考えを示した。昨夏、運営主体の核となった市と対立している阿波おどり振興協会に対しても、円満運営に向け誠実に交渉を重ねていくと明言した。報道陣との主なやりとりは次の通り。  ―どんな阿波踊りにしたいか。  「笑顔と融和」を取り戻し・・・

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。