現職10人と新人2人、元職1人が立候補を表明しており、定数12を1上回る少数激戦となる可能性が高い。1次産業の活性化や少子高齢化対策など克服すべき課題はあるものの、目立った争点は浮上していない。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。