2011年3月12日午後3時36分、福島第1原発1号機が、ごう音とともに水素爆発を起こした。人類史に刻まれる「安全神話」崩壊の瞬間だった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。