県産杉を使ったこいのぼりを作る参加者=板野町のあすたむらんど徳島

 県産杉を使ってこいのぼりを作る教室(県木の家づくり協会主催)が板野町のあすたむらんど徳島であり、親子連れ約30人が楽しんだ。

 参加者は、こいのぼりにかたどられた杉板(縦約10センチ、横20~30センチ)に赤や青、緑の模様を描き、木製のポールに取り付けて完成させた。鴨島かもめこども園の小笠裕介ちゃん(3)は「かわいくできた。木がつるつるして気持ちいい」と話した。