徳島大大学院医歯薬学研究部の安部秀斉准教授(腎臓内科学)らの研究グループが、腎臓の一部で血液のろ過装置として働く「糸球体」に似た細胞塊の培養に成功した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。