3月23、24両日に高松市で開かれた、7つの会場を結んでライブやイベントを行う都市型音楽フェス「サヌキロックコロシアム」。10年目を迎えた今回も話題のアーティスト約100組が集結し、熱いパフォーマンスを繰り広げた。お隣・香川県のイベントとはいえ、黙って見過ごすのはもったいない!ということで、徳島新聞では初めて出張取材を敢行。記者が独断と偏見で選んだ今年飛躍が期待される注目アーティスト6組がインタビューに応じてくれた。

 

 都会的なライフスタイルや友情、恋愛を描いた楽曲を、伸びやかなボーカルと軽快なラップ、洗練されたバンドサウンドに乗せてハッピー感あふれるライブで届ける「神泉系」男女5人組バンド「フレンズ」。6月に4周年を迎えるのを前に、ドラマや映画への主題歌提供が決まるなどますます勢いに乗る彼らが、グループの活動に込める思いや今後の目標を語ってくれた。

 -サヌキロック出演は3年連続3回目だ。
 ひろせひろせ 過去2回の出演でも感じましたが、お客さんが温かいですよね。俺たちが1年目に出たのが瓦町駅地下広場だったんですが、その時からお客さんがたくさん来てくれて、音楽好きがめちゃくちゃいるという印象でした。それ以来、ワンマンツアーなどでも高松を入れるようにしています。

 おかもとえみ 今回も満員のお客さんに来ていただいて、本当にありがたいです。

 -メンバーそれぞれがソロや別グループでも活動してきたが、フレンズとして活動する際のコンセプトは。
 おかもと 最高にハッピーで、自分たちも楽しんでお客さんも楽しませるという信念でライブをやっています。音楽的には「神泉系」と名付けて、渋谷のハッピーパーティー感から1駅離れた神泉の大人っぽさ、これからドキドキワクワクする感じを目指しています。

 大人の方も聞いてくれるけど、そこに行きたい人たち、そこまでの過程を楽しむというコンセプトに若い人たちが乗っかって聞いてくれているのがすごくうれしいですね。元々は老若男女に聞いてほしいものだったので、そうなれてきてるのかなと思いますね。

 ひろせ みんなが元々やっていたバンドなどとは方向性が違います。俺とえみそん(おかもとさんの愛称)はパートも変わったし、メインで歌っていなかったのに今は2人で歌っている。ギターボーカルでリードを取っていた三浦太郎さんはコーラスや、第3の男として歌っています。

 それぞれがバンドとして、良い意味でも悪い意味でも1回突き詰めて、「バンドって」っていうところを経験しているので、そういうメンバーたちが新しくバンドをやろうってなった時に、そこには「楽しくやろう」以外の何者もなかったということですね。

 -曲作りで心掛けていることは。
 ひろせ 「こういう曲を作りたい」っていうのは特になくて、俺とえみそんが同じ90年生まれで、単純にお互いの感覚で良いなと思うものを作っています。多分、えみそんがソロ用に作詞作曲したものをフレンズでアレンジすると、雰囲気が変わると思いますし。

 サウンド的に暗い曲が好きとかいうような個々のカラーはもちろんあるんですけど、みんなの根底に音楽が楽しいとか、物事を何でも遊びたい、ライブできてラッキーみたいなのがあるんで、ハッピーな空気というか、多幸感につながってくるんだと思います。

 -ライブではどんなことを大事にしているのか。
 ひろせ みんなが楽しいこと、というのはもちろん大切にしているんですけど、特にフレンズでワンマンライブを作る時は、1時間半から2時間のエンタメショーを作るという感覚でやっていて、リハーサルなどではみんなで真面目に話し合って取り組んでいます。

 今回のような30分のショーケースでは、とにかく楽しくて「名前だけでも覚えて帰ってください」っていう気持ちでやってはいるんですが、フレンズにはいろんな曲があるので「今度は長いライブも見たいな」と思ってもらえるようにっていう気持ちはありますね。

 -長いライブではまた違う魅力があると。
 ひろせ フレンズの一番の武器はえみそんの歌なので、本格的なライブではその武器を一番輝かせたいっていう思いで構成などを考えています。だから、徳島でもぜひワンマンライブをやってフレンズの楽しさを伝えたい。47都道府県すべて行ってみたいです。

 三浦 行ったことないところでライブをやりたいですね。

 -6月で4周年を迎える。今後の目標は。
 ひろせ フレンズは東京ドームでライブをやるという目標を掲げているので、そこに向けて、ライブとしてもフレンズの動きとしても、これまで以上に面白いことをやっていければと思います。

 テレビ東京系で4月放送開始のドラマ「きのう何食べた?」のエンディングテーマとして新曲「iをyou」を書き下ろさせていただいたり、6月公開の篠原涼子さん主演の映画「今日も嫌がらせ弁当」の主題歌に「楽しもう」を採用していただいたりと、いろんなところから「フレンズの音楽を」というお話をいただけています。

 こうしたありがたいお声に応えさせていただきながら、良いライブをして、良い曲を書いて、呼んでいただければどこへでもという形でやっていこうという、新人の4年目という気持ちですね。

 おかもと 私たちのライブを楽しい顔で見てくださるお客さんが一人でも多く増えるというか、一緒に楽しめる人をどんどん増やしていきたいっていう思いがあります。それが東京ドームにもつながっていくのかなって、今日もライブをやっていて思いました。

 -徳島のファンにメッセージを。
 ひろせ 昨年末のNHK紅白歌合戦で米津玄師君が大塚国際美術館で歌っているのを見て、すごく行きたいですよ。徳島でのライブのお誘いお待ちしております。

 おかもと 10年ほど前に徳島でライブをやった時に、ライブハウス近くの古い喫茶店に入ったんですが、雰囲気がすごく良くてまた来たいと思ったことを覚えています。「春陽軒」のラーメンもおいしかった。徳島に行きたい気持ちが募っているので、爆発する前に行きます。徳島の皆さんに会いたいです。

 三浦 東京で好きなラーメン屋さんが徳島ラーメンの店なんです。本場ではまだ食べたことがないので、ぜひライブで徳島に行って食べたいと思います。

 SEKIGUCHI LOUIE フレンズの楽しい雰囲気を徳島にも届けたいので、なるべく早くライブをしに行きたいです。それまで徳島の皆さんには、県外でやるライブに遊びに来たり、ユーチューブなどでフレンズの音楽に接していただけたりしたらうれしいです。よろしくお願いします。

フレンズワンマンツアー「青春チャレンジツアー」
 ▽東京「青春チャレンジツアー〜えみそん、ブクロでアゲアゲ3本勝負〜」
 日程:6月6日(木)
 1部:OPEN 15:30 / START 16:00
 2部:OPEN 17:30 / START 18:00
 3部:OPEN 19:30 / START 20:00
 会場:池袋LIVE INN ROSA
 オールスタンディング 各公演1600円(税込)(ドリンク代別)
 ※各公演時間は30〜40分の予定。

 ▽長崎「青春チャレンジツアー〜でんでらりゅうばでてくるばってん、おいたいのくんちば始めんばっちゃなか〜」
 日程:6月9日(日)
 OPEN 16:30 / START 17:00
 会場:長崎DRUM Be-7
 オールスタンディング 4800円(税込)(ドリンク代別)

 ▽埼玉「青春チャレンジツアー〜北浦和KYARA20周年おめでとう!いつも東京なんだから、たまにはみんなが埼玉に来なさいたま!〜」
 日程:6月21日(金)
 OPEN 18:30 / START 19:00
 会場:ライブハウス北浦和KYARA
 オールスタンディング 4800円(税込)(ドリンク代別)

 ▽長野「青春チャレンジツアー〜長野市出身の俺ですが仲良くしてください松本の人〜」
 日程:6月27日(木)
 OPEN 18:30 / START 19:00
 会場:松本ALECX
 オールスタンディング 4800円(税込)(ドリンク代別)

 ▽東京「青春チャレンジツアー〜ひろせの生まれた街でひろせのワガママを聞いてもらう日〜」
 日程:6月29日(土)
 OPEN 16:30 / START 17:00
 会場:新宿BLAZE
 オールスタンディング 4800円(税込)(ドリンク代別)