11日、晴れて釣り日和と思われたが、海上では風が強く波が高かった。そのため釣り人も少なく、釣果が乏しかった。潮入り川でチヌが釣れだし、近場で狙える魚が増えてそろそろ出掛けてみようと思う釣り人もいるのではないだろうか。足場のいい波止でもライフジャケットの着用をお願いしたい。

 [磯]<福村>11日、水温13・8度。北西の風が強く、うねりがあった。チヌは、赤岩モタレで37・5、41・5センチを2匹。バラシが1回あった。丸島回りの内鬼門で38~41・5センチを3匹。14時から潮が変わり活性が上がった。

 <中林>11日、9時ごろから北の風が強く吹き、13時に納竿した。エンバエ西胴でハリス1・5号、ウキ下サオ2本前後で40、45センチのチヌ2匹。餌取りは少なかった。

 [潮入り川]<日和佐川>11日、河口付近の右岸で6時半から2時間、地元の人がボイル沖アミを餌にハリス1・2号、ウキ下3ヒロ前後で43~46センチのチヌ3匹。餌取りのフグが多かったが、潮止まり前後にチヌの活性が上がった。7日には58センチの大型が上がった。

 [波止]<兵庫・沼島>10日、港周辺で3人がミノウやペンシルを使い分け、60~90センチのハマチ主体にブリも交じり20匹余り。

 [船釣り]<鳴門海峡>11日、北寄りの風が強く吹いた。濁りがあり水温12・6度。マダイ狙いでタイラバージグを使い71センチ(4・1キロ)を頭に40センチまでを3匹と同型のキジハタ1匹。別の2人は35センチ前後を各1匹。

 <牟岐沖>11日、下り潮から上り潮で水温16・7度。沖アミを餌にフカセ仕掛けで45、50センチのイシダイ2匹と35センチのイシガキダイ、50センチのコロダイ、同型のヒブダイを各1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>11日、沖アミを餌にウキ下6ヒロ前後で45センチのチヌ1匹。マダイらしきアタリがあったが、糸がロープに擦れてバラした。(県釣連盟報道部)