新庁舎整備を目指す鳴門市が、提案内容によって業者を決めるプロポーザル方式で基本設計業務の委託業者を募ったところ、参加希望がなかったことが12日、分かった。市は同日、条件を緩和して再公募を始めた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。