ハードロックが世に現れた1960年代、エレキギターのごう音は、「良識ある大人」にとって、ノイズでしかなかったに違いない。ゆがんだ音に耳慣れた21世紀になっても、苦手な人は少なくなかろう

 「BABYMETAL(ベビーメタル)」の新譜が、米国の音楽ヒットチャート・ビルボードの週間アルバム部門で39位につけた。日本人歌手のトップ40位入りは、63年の坂本九さん以来というから、歴史的な快挙と言うべきか

 正統派から少し外れたこの女性アイドル3人組も、ハードロック、ヘビーメタルの系譜を継ぐ。海を越えて支持は分厚いが、重量感のある曲調に、眉をひそめる人もいるはずだ

 子どもの声も同列にあるのか、全国で保育園の建設反対運動が起きている。要は「うるさい」のである。子どもの声がノイズだなんて幸せな社会か。少子高齢化のこの時代、幼い声の消えた地域もあるのに

 が、それも総論。いざ身近に、となれば考えてしまう。自分の子も昔は、と言われると虫がいい話というほかないが、まずは十分に説明を求める。ヘビーメタルを聞くにもやや疲れる年齢になった

 よほど不合理な計画でない限り、折り合える場所があるのでは。もう少々寛大に、とはいかにも第三者の物言いだが、子に罪はない。待機児童の早急な解消は、いずれにしても良識ある大人の責任だ。