神山町神領の小野天王神社境内にある農村舞台「小野さくら野舞台」で14日、春の定期公演(保存会主催)があり、阿波人形浄瑠璃や「襖からくり」など多彩な演目を約300人が楽しんだ。

徳島新聞IDへの会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞ID(会員登録=無料)が必要です。