写真を拡大 的を狙って矢を射る氏子ら=つるぎ町一宇中野の下宮神社

 つるぎ町一宇中野の下宮神社で14日、矢を放って家内安全や無病息災などを祈願する伝統行事・百手祭があった。

 氏子ら8人が約20メートル先の的や住民の願いが書かれた扇を狙い、真剣な表情で1008本の矢を次々に放った。的を射抜くと会場には太鼓が鳴り響いた。

 10カ月前にミャンマーから来たピェッ・ピョー・アウンさん(22)=三好市池田町シンマチ、会社員=とミィン・ミィン・ナインさん(24)=同=も射手に参加した。

 住民らに教えられながら懸命に取り組んだアウンさんは「難しかった。貴重な経験になった」と笑顔で話した。