[渓流]<勝浦川>14日、水量は渇水気味。雨の中14時から2時間半、グレー系の毛バリを使いテンカラでアメゴを狙った徳島市の人が15~25センチを27匹。

 [イカダ]<ウチノ海>13日、午後から南寄りの風が出てきた。堂浦のカセでヌカと赤アミをマキ餌に、小粒の沖アミをサシ餌に使った人が25~35センチのサヨリ70匹。別のカセは同型を65匹。近くでは30匹と30センチのカレイ1匹。別のヤカタではサヨリ50匹と赤アミを餌にサビキ仕掛けで20センチ前後のアジ20匹。

 [波止]<粟津離岸堤>13日、日没後に南の風が強くなってきた。ルアーを使い、4番でメバルを狙った人が20~28センチを20匹。12番でも同型を30匹。

 <和田島>13日、T字型突堤で沖アミを餌に探り釣りをした阿南市の岡久さんが、15~24センチのガガネ12匹と15、20センチのクジメ2匹、16センチのメバル1匹。

 [磯]<中林>14日、釣り人は1人。南風が強く波が出てきた13時までに、エンバエ西の胴で40センチのチヌと28センチのマダイを各1匹。ウキ下は7~8ヒロと深く探った。

 <由岐>13日、水温14・3~14・5度で上りから下り潮。大バエでは51センチのマダイ1匹。ムギバエは25、28センチを2匹。

 <香川・引田>13日、通念島鬼門で沖アミを餌にフカセ釣りをしたモナリザ釣親睦会の井手昭彦さんが40センチ前後のチヌと30センチ前後のマダイを各3匹。西のハナでは40センチ前後のチヌ7匹と68センチのマダイ1匹。オカメでも同型のチヌ2匹。

 <岡山・牛窓>13日、釣りメーカーの第2回WFGチヌ決勝大会が全国各地と韓国、中国からの予選通過者27人で行われた。各試合3人1組で25センチ以上の総重量で競った。全体的にチヌの食い気はなく、1匹の釣果が勝敗を左右した。徳島支部の野口真平さんが1回戦で1110グラム(27、34センチを2匹)、準決勝1500グラム(34、36センチを2匹)、決勝戦では唯一の釣果940グラム(39センチを1匹)を上げ、優勝した。 (県釣連盟報道部)