完走を誓う選手=阿南市のロイヤルガーデンホテル

 28日に阿南市|高知県室戸市間の海岸線108キロを舞台に開かれる「第2回室戸阿南海岸国定公園ウルトラマラソン」の出場選手を招いた記者会見が阿南市富岡町のロイヤルガーデンホテルであり、選手14人が抱負を語った。

 選手は35~59歳の男女。246キロを走るギリシャのスパルタスロンなど国際大会の経験が豊富な第1回優勝者の石川佳彦さん(30)=鳴門市大麻町高畑、会社員=は「海岸沿いの景色を眺めながら走れるのが魅力」と話した。実行委はコースや給水地点などについて説明。選手に当日着用するゼッケンを配った。

 大会は午前5時に室戸市の佐喜浜中学校をスタートし、制限時間14時間でゴールの阿南市椿町船瀬のかもだ岬温泉保養センターを目指す。