徳島大は15日、組織や研究領域を超えて新たなアイデアを生み出そうと、教職員らの交流拠点となる「コミュニケーションハブ」を徳島市新蔵町2の大学本部に開設した。 ハブは拠点の意味。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。