認知症への偏見をなくしたい―。そんな思いで行動を起こし、積極的に発言する当事者が増えてきた。2014年に若年性アルツハイマー型認知症と診断された長崎県佐世保市の福田人志さん(56)もその一人だ。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。