岡山市は16日、同市南区の市立保育園で、40代の女性保育士が背負っていた0歳の女児がおんぶひもをすり抜けて約1メートルの高さから落下し、畳に額を打ち付けて入院したと発表した。けがの程度は不明で、入院は約1週間の予定としている。

 市によると、15日午前10時10分ごろ、保育園の保育室で、女児をおんぶしていた女性保育士が、ほかの園児に対応しようと前かがみになった際、左肩付近から女児が落下。救急車で搬送された。

 市は「落下状況を検証し、再発防止に努める」としている。