中日の根尾昂内野手

 中日のドラフト1位新人、根尾昂内野手(18)が16日、左手人さし指を負傷して挫創と診断された。8針縫い、抜糸まで約2週間かかる見込み。ウエスタン・リーグ、阪神戦(ナゴヤ球場)の七回の守備で、二盗を試みた走者と交錯して負傷交代した。

 名古屋市内の病院で検査を受けた根尾は負傷箇所に包帯を巻いて球場で取材に応じ「(痛みは)そんなにない。早く治したい」と淡々と話した。中日の小笠原2軍監督は「起きてしまったことは仕方ない。中途半端はよくないので、しっかり治してから」と当面は試合に出さず、練習にも制限をかける方針を話した。