外国人差別のアンケート結果に関して記者会見するARICの梁英聖代表=16日午後、東京都国立市の一橋大

 外国人の留学生や労働者の半数が日本で差別を受けた経験がある―。大学生らで組織する団体「反レイシズム情報センター」が16日に公表したアンケート結果で、こんな実態が浮かんだ。アルバイト先で「外国人のレジはいや」「日本語以外を話すな」などと客や同僚から差別されたケースが目立った。

 アンケートは2~3月、外国人が多く住む東京都新宿区のJR高田馬場駅と新大久保駅周辺で実施。対面で質問し、留学生285人を含む340人が回答。

 結果によると、職場で差別を受けたと回答したのは100人。職場ではないが、それ以外で受けたという67人を合わせると、回答者の49・1%を占めた。