[磯]<福村>15日、午前中は前日のうねりが残った。北の強い風で水温13・7度。中津回りの黒岩東で44センチのチヌ1匹。同胴で33・5~46センチを5匹。丸島回りの高飛で47センチを1匹。

 <大島>15日、ソエバの船付でサザエと赤貝を餌に底物を狙った人が70センチまでのイシダイ3匹。

 <兵庫・沼島>14日、南東の風が強く波も高かったため、風裏の磯や波止しか上がれなかった。さらに波が高くなり11時で撤収した。40センチ前後のチヌは一ツバエで5匹。殿飛で6匹。ヤハギ、大バエ、波止などで2~3匹上がっていた。13日は、同型のチヌがよく釣れており、黒磯で23匹。古水で12匹。ヤカタは3人で20匹。青磯のハナレも3人で21匹。

 [イカダ]<ウチノ海>15日、北寄りの風が強かった。ヤカタでサシ餌をダンゴに包みカカリ釣りで43センチのチヌ1匹。沖アミを餌にフカセ釣りでは大型のマダイのアタリがあったが、取り込めなかった。サヨリ狙いは阿南市の人が25~30センチを140匹。各所で同型を50~100匹と好調。

 [波止]<高知・甲浦>15日、早朝から夜明けまでアジを餌に取り込みにはヤエンを使い、0・6キロのアオリイカと60センチのスズキを各1匹。スズキはギャフを使い取り込んだ。

 <中浦緑地>14日、南の風で小雨。二枚潮で流れは複雑。午前中、沖アミを餌に40センチのチヌ1匹。近くでも同型を2匹。別の人も35センチのキビレ1匹。

 [ルアー]<新町川河口>15日、北の風が強かった。下流部の波止で5時半から1時間半、高志智さんが18グラムのバイブレーションと4インチのソフトルアーを使い分け、48~59センチのスズキ3匹。周辺でも5~6人が同型を1~2匹と全員に釣果があった。

 [渓流]<那賀川>14日、本流高ノ瀬レストハウス下流でイクラを餌に6時半から3時間釣り歩いた人が、15~26センチのアメゴ11匹。同日、槍戸川上流で川虫を餌に10時半から6時間釣り歩いた人が、16~25センチを70匹。(県釣連盟報道部)