徳島県松茂町出身の幹葉さんがボーカルを務める3人組ピュアポップロックバンド「スピラ・スピカ」が、3月6日に2枚目のシングル「小さな勇気」を発売した。PRのため徳島新聞社を訪れた3人に、楽曲のコンセプトや制作などについて聞いた。 

写真を拡大 スピラ・スピカの(左から)ますださん、幹葉さん、寺西裕二さん
 

 ―シングル全体でどういった作品に仕上がっているか。

 幹葉 聞いてくれる人に寄り添うことができる1枚になったと思います。
 
 寺西 前作は「スタートダッシュ」というタイトルの通り、勢い重視の張り切っているような曲でしたが、今作は今の等身大の僕たちを表現したような曲です。

■1曲目「小さな勇気」

 ―曲のテーマや演奏時に意識したことは。

 寺西 聞く人を優しさで包み込み、勇気と元気を分け与えられる曲というのをテーマにしました。僕たちはそれを「優しみロック」と呼んでいます。

 僕自身、優しい曲調の楽曲をあまり作ったことがなかったので、「優しさ」や「懐かしさ」を感じてもらえるように意識して作りました。

 ますだ 僕はベースラインを組み立てる時に、歌に寄り添うということを意識しながら演奏しました。楽曲の中で主張し過ぎないように「歌と一緒にベースの音が流れていく」イメージです。
 
 ―優しい曲調に挑戦しようと思ったきっかけは。

 寺西 メジャーデビューをきっかけに、環境が変化したことも大きな要因です。いろんな人と関わるようになり、「僕たちだけじゃスピラ・スピカは成り立たない」と強く感じるようになりました。今までは、自分たちの感情や情景を伝えるだけでしたが、今は「この曲はこういう風に思ってもらいたい」「展開や構成を変えることで、こう感じてほしい」といったように、聞く人を意識して、サプライズパーティーを計画するような感覚で曲を作るようになりました。
 
 ―歌詞のテーマは。

 幹葉 寺君(寺西さんの愛称)が曲を作る段階でテーマをある程度決めていて、それに合わせた仮タイトルがついてくる事が多いんです。「小さな勇気」は「丘の上」という仮タイトルが付けられていて、「壮大な丘の上を駆けている様子」と聞いていました。そこで、発売時期が3月と決まっていたこともあり、「今まで暮らしていた大切な場所から離れ、新たな土地へと駆け出す」という気持ちを歌にしたいと思い、歌詞を書き始めました。
 
 ―歌詞作りの時にイメージしたことは。

 幹葉 私自身も、徳島から関西の大学に進学したり、昨年はメンバー全員が奈良から上京したりと、大切な場所から離れて頑張っていくということを経験しているので、その時の気持ちを歌詞に表しました。
 
 ―幹葉さんが書いた歌詞について 。

 寺西 曲を作っている時に湧いたイメージと、あがってきた歌詞は全部が一致しているわけではないので「おー! なるほど! そういった表現もあったか」となりますね。
 
 幹葉 私たちは考え方や視点が違うことも多いので、寺君から出てこないような言葉を出したら、お互いに刺激し合って、いい作品になるんじゃないかと考えています。
 
 ―歌う時に意識したことは。

 幹葉 メジャーデビューをして、人と関わる機会や聴いてくれる人が一層増えたことで、自分たちの音楽を聴いて、「もっと元気になってほしい」とか「一歩踏み出す勇気を持ってもらいたい」といった気持ちがすごく強くなりました。その気持ちを、今作では、うまく歌にのせることができたと感じています。
 
■2曲目「星降る夜に」

 ーどういった曲か。

 幹葉 インディーズ時代の楽曲「夜の森 夢の中」という曲をリアレンジしています。この曲は3年ほど前に作った曲で私が初めて作詞に挑んだ楽曲です。
 
 私自身の経験をつづったもので「楽しい気持ちだけで歌っていたはずが、いつしかその気持ちだけでは歌えなくなってしまった。だけど、これからも歌い続けたいから、最初に生まれた『歌が楽しい』という気持ちは絶対に忘れない。迷うことがあっても、1番大切なものは心の中にあるんだ」という思いを歌詞にしました。
 
 ―リアレンジした部分は。

 幹葉 アレンジし直そうと歌詞を見直したら、歌詞が初挑戦だったということもあって、作りの甘い歌詞でした。だから、今の自分の経験を踏まえた歌詞にしたいと思って、AメロとBメロの部分は、ほぼ歌詞を変えました
 
 ますだ フレーズからできた曲で、みんなで話し合いながら一緒に完成させた思い出があります。当時よりもキラキラとした星のイメージを入れながら、どこかはかなさを感じさせるような楽曲にアレンジしました。
 
■3曲目「桜が咲く頃」

 ーどういった曲か。

 寺西 スピラ・スピカにとって、初めてのラブソングです。僕以外の方に作ってもらうのも初めてで、初がたくさん詰まった楽曲です。
 
 幹葉 今まではみんなの背中を元気よく押すような楽曲が多かったのですが、今回はどうやってスピラ・スピカのカラーを入れつつ仕上げようか迷った楽曲です。とても切なくキュンキュンと胸に響くラブソングで、これまでの私たちとは違った勇気付け方ができる曲が完成しました。
 
 ―重永亮介さんと作った楽曲だ。

 幹葉 2枚目のシングルの構成を考える中で、1曲目と2曲目は先に決まっていて、「3曲目は何がいいのかな」と考えた時に、私たちが今までに挑戦したことがない曲にしたいと思って、お願いすることになりました。

 寺西 僕はアニメが好きなんですが、重永さんの楽曲がよくアニメの主題歌になっていて、元々好きだったのと、スピラ・スピカに重永さんのエッセンスを加えてみたいという思いがありました。
 
 ―演奏で苦労したことは。

 ますだ バラードということもあり、普段と違う演奏で苦戦しました。感情に訴えかけるようなベースラインを曲の所々に入れたので、ぜひ感じてほしいです。
  
 ―ラブソングの歌詞を書くときに大変だったことは。

 幹葉 今まで本当にラブソングを作ったことがなかったので、初めて聞いた時に「あ、これラブソングや。どうしよう」と思いました。自分の昔の恋愛を思い出したり、遠距離恋愛をしていた友達に連絡して話を聞いたりして、友達にとても助けられました。
 
 ―徳島の読者にメッセージを。

 寺西 最近、「僕も徳島出身なのかな」と思うくらい徳島への愛が強くなっています。徳島の皆さんには「小さな勇気」の歌詞は、徳島のことだと思って聞いてほしいです。
 
 ますだ 徳島に来る度に、徳島を好きになっています。海産物や徳島ラーメンなどおいしいものがすごく多くて、徳島のファンです。
 
 幹葉 今こうやって歌っているのは、徳島で過ごしてきた日々があったからこそだと思っています。徳島の皆さんと、徳島のすべてに感謝して、早く徳島でワンマンライブができるようにビッグになりたいです。

はな・はる・フェスタ2019FM徳島スペシャルLIVE出演決定!!
 日時:4月21日(日)13:00START
 会場:はな・はるフェスタメインステージ(徳島市藍場浜公園)
 出演:スピラ・スピカ、浜端ヨウヘイ、井上苑子、上野優華
 料金:観覧無料