日程 16、17日=吉野川北岸運動場

Image File Library, Copyright (C) 1996 – 2007, PCCG Co.,Ltd.

【大会展望】5校が出場する男子は昨年10月の県新人大会と5月の県選手権を制した上八万が優位。エース大門はスピード、制球力ともに安定。打線は長打は少ないが小技を絡めて得点できる。

2番手は両大会で準優勝の鳴門一。打力では上八万を上回る。鳴教大付も力をつけており、投手の出来が鍵を握る。

女子は6チームが参加。合同チームを解消して単独出場することになった美馬と、阿波・三加茂・岩倉との力は拮抗(きっこう)しており、接戦が予想される。県新人大会と県選手権で準優勝の阿南がどこまで迫れるか。