障害者の支援事業を行っているNPO法人サスケ工房(愛媛県新居浜市)が、障害者の就労移行支援事業所「サスケ・アカデミー徳島」を徳島市沖浜東1に開所した。利用者にパソコンなどを指導し、就労に必要な知識や技能を身に付けてもらう。

 4階建てアパート1階の90平方メートル。徳島県から障害福祉サービス事業者の指定を受けて運営する。

 パソコンの実務的な技能のほか、ビジネスマナーなどを教える。就職後も、仕事上の悩みや不安がないか継続的に相談に乗り、アドバイスする。

 週5日で、利用料は前年度の世帯収入によって月0~3万7200円。

 利用する徳島市の男性(24)は「パソコンを覚えて事務系の職に就きたい」と話した。

 サスケ工房は、鳴門市と板野町に就労継続支援事業所も開設している。森山英樹サービス管理責任者(54)は「就労に向けてスキルアップを図りたいと考えている人は利用してほしい」と呼び掛けている。問い合わせはサスケ・アカデミー徳島<電088(678)9935>。

 県障がい福祉課によると、就労移行支援事業所は徳島市内に10カ所(1日時点)ある。