[波止]<小松島港沖ノ一文字>17日、中央付近で沖アミを餌にフカセ釣りした人が40センチ前後のチヌ2匹。

 [磯]<福村>17日、風、波はなかった。チヌは、丸島回りの高飛で36・5~42・5センチを3匹。中津回りウノクソは30~50・5センチを8匹。淡島回りのビシャ大東では37~46センチを5匹。高は36~43センチを3匹。一番胴とホロロは36センチを1匹と27~32・5センチのマダイ4匹、32・5~38・5センチのウマヅラハゲ10匹。

 <香川・引田>17日、チヌは、通念島の西ノハナでは40センチ前後を2匹と25~35センチのマダイ20匹。16日は西ノハナで40センチ前後を3匹と30センチ前後のマダイ3匹。鬼門は40センチを1匹と30~60センチのマダイ3匹。オカメは40センチ前後を2匹。

 <兵庫・沼島>17日、水温14・5度前後。チヌは、ヤハギでモナリザ釣親睦会の前川芳徳さんが35~52センチを20匹余り。古水から一ツバエに磯替わりした人は35~55センチを11匹。下立神奥は40センチ前後を6匹。黒磯も同型を6匹。センゾバエは5匹。

 [船釣り]<牟岐沖>17日、水温15度。水深70メートル前後のポイントで140グラムのメタルジグを使った人が80~90センチのメジロ8匹。

 <高知・行当岬沖>17日、仕立船で2人が50~70センチのマダイ13匹と80センチのメジロ、カンパチを各1匹、70、80センチのメダイ2匹。潮が動かず釣りづらかった。(県釣連盟報道部)

 コラム

 先日、悪天候のため釣行が中止になった。時間ができたので、阿波市土成町の道の駅どなりで開かれている「徳島の釣り展」をのぞいた。

 それほど広いスペースではないが、魚種に合わせた釣法の歴史が紹介されているほか、釣り具や県東部沿岸で釣り上げられた魚の写真が展示されていた。釣り人の私にとっては、展示物を通してさまざまな釣りの場面を思い浮かべることができ、楽しい時間を過ごせた。展示は5月中旬まで。

 コラム

 先日、悪天候のため釣行が中止になった。時間ができたので、阿波市土成町の道の駅どなりで開かれている「徳島の釣り展」をのぞいた。

 それほど広いスペースではないが、魚種に合わせた釣法の歴史が紹介されているほか、釣り具や県東部沿岸で釣り上げられた魚の写真が展示されていた。釣り人の私にとっては、展示物を通してさまざまな釣りの場面を思い浮かべることができ、楽しい時間を過ごせた。展示は5月中旬まで。

  (高橋)