51歳の働き盛りで若年性アルツハイマー型認知症と診断され、自室に閉じこもっていた長崎県佐世保市の福田人志さん(56)は、パートナーの中倉美智子さん(64)の支えで立ち直った。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。