ソフトバンクグループとトヨタ自動車、自動車部品大手デンソーは19日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転技術の開発部門に合計10億ドル(約1100億円)を出資すると正式に発表した。自動運転車を使った移動サービス開発に向け、協力体制を強化する。

 ウーバーは自動運転技術の開発部門を分社化する方針でソフトバンクなど3社は新会社に出資する。新会社の企業価値は72億5千万ドルになるとしており、3社の出資比率は1割以上になる見込みだ。

 ソフトバンクとトヨタは既にウーバーに出資しており、追加出資となる。