フェド杯WG2部入れ替え戦を前に、記念撮影する日本とオランダの選手ら=19日、大阪・なんばグランド花月

 女子テニスの国別対抗戦フェド杯ワールドグループ(WG)2部入れ替え戦、日本―オランダ(20、21日・大阪市ITC靱TC)の組み合わせ抽選が19日、大阪・なんばグランド花月で行われ、20日の第1試合は世界ランキング104位の土居美咲(ミキハウス)と同176位のリヘル・ホヘンカンプが対戦することが決まった。

 第2試合は世界112位の日比野菜緒(ブラス)と同149位のビビアネ・スフーフスが顔を合わせる。21日のシングルスは相手を入れ替えて戦い、最終戦のダブルスには青山修子(近藤乳業)穂積絵莉(日本住宅ローン)組で臨む。