徳島市の一般廃棄物処理業者処分問題で、やはり沈黙は「金」ではなかったようだ。市議会総務委員会に参考人招致された原秀樹前市長が、業者の厳しい処分を巡る市議の不当な働き掛けを否定した

 市長「選」で勝ち、一転して業者の処理業の許可を更新した遠藤彰良市長は積極的に市議の実名を公表した。それは当然なのか、それとも「変」?

 市議会に走った激「震」は容易に収まりそうにない。参考人招致には、市議にかけられた嫌疑を晴らそうとする所属会派の思惑も絡んでいる。そんな見方もあって、市民は議会の複雑さにも「驚」いている。今のところ、「米」びつをひっくり返したというほどの騒ぎではないが

 市長と市議会はよく、市政を運ぶ車の両「輪」に例えられる。なれ合いは許されず、よい意味での緊張関係が必要だ。市議会には、真相解明に向けて百条委員会の設置を要求する声もある

 だが、当の市議は「不」正を真っ向から否定している。その声にも耳を傾けなければならない。議員には、それぞれ「倫」理観があろう。一方、市民もこの問題で心を「乱」されたままでは、すっきりと年を越せまい。求められるのは、真実である

 それにしても、「今年の漢字」のトップ10が、こんな形で徳島市の旬の問題に当てはまるとは、混迷の1年を物語ってはいまいか。