免疫にブレーキをかける働きがあることから、がん治療薬の開発につながったPD1というタンパク質が、ウイルスや細菌を攻撃する有益な免疫はなぜ抑制しないのかの仕組みを解明したと、徳島大の岡崎拓教授(免疫学…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。