鉄橋を走る列車を引き立てるレンゲ畑=東みよし町昼間

 東みよし町昼間のNPO法人・三好素人農事研究會は、JR土讃線沿いに列車とセットで写真が撮れるレンゲ畑を整備した。鉄橋を渡るアンパンマン列車や観光列車「四国まんなか千年ものがたり」を、ピンクの花が彩っている。

 レンゲ畑は、吉野川橋りょう北詰めの線路沿いに3カ所あり、合わせて約40アール。5月中旬までが見頃。

 周辺は以前から鉄道ファンに人気の撮影スポットだった。休耕地の雑草が目立っていたため、素人會が昨年10月、雑草を刈りトラクターで土を耕して種をまいた。

 素人會は来年度以降もレンゲを咲かせる。共同代表の島尾明良さん(64)=東みよし町昼間=は「華やかな景色になった。鉄道ファンだけでなく、家族連れにも見てほしい」と呼び掛けている。 

 メモ 徳島自動車道・吉野川ハイウェイオアシスから、徳島道沿いの町道を西に約3キロ進む。レンゲ畑は土讃線の西側にあり、町道からは南に2カ所、北に1カ所ある。