統一地方選の後半戦は21日の投開票に向け、8市町村で舌戦が繰り広げられている。いずれも一騎打ちとなった3町長選は、神山、牟岐が競り合い、石井は現職が支持固めを図っている。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。