人生は思い描いたようにはいかない。だから指針が要る。闇夜を歩いていかなければならない。ならば灯が要る。そんな指針であり、灯だったのかもしれない

 渡辺和子さん。9歳で二・二六事件に遭遇する。<死の間際に父がしてくれたこと、それは銃弾の飛び交う中、傍(そば)で寝ていた私を、壁に立てかけてあった座卓の陰に隠してくれたことでした>。父は、彼女の目の前で亡くなった

 昭和の過酷な記憶も記した「置かれた場所で咲きなさい」(幻冬舎)はベストセラーとなった。苦しいからこそ、もうちょっと生きてみる、時間の使い方はそのまま命の使い方になる、相手を生かすぬくもりのある言葉を使える自分でありたい…とある

 36歳でノートルダム清心女子大(岡山市)の学長に抜てきされる。ところが、思いがけない役職で戸惑いも多く「あいさつしてくれない」「分かってくれない」の、くれない族になっていた

 失意の時に宣教師が渡してくれたのが短い英語の詩だった。その冒頭の一行が著書名となる。逃げ出しそうになっていた彼女の背中を押したという言葉も、昨年9月の本紙に紹介されていた。「どこに行っても同じ。あなたが変わらなければ周りも変わらない」

 多くの人を導いた渡辺さんが昨年暮れに逝った。だが、教えは今年も傷ついた人の灯となって息づく。